視空間ワーキングメモリのトレーニングがADHDのある子供の行動を改善します。

ニューヨーク大学(New York University)の研究者クリス・ルーカス医学博士(Chris Lucas, MD)は、ADHDのある子供たちが、視空間のワーキングメモリを改善のためにコグメドのワーキングメモリトレーニングを使った結果、統計的に有意な効果を経験したことを見出しました。

Click here to read the full study in English.