著名なワーキングメモリの専門家が学校での学習についてトレーニングの効果を研究しています。

ローズマリー・タンノック博士(Rosemary Tannock, PhD)はワーキングメモリに関する指導的な専門家で、ワーキングメモリトレーニングが重度の学習障害がある子供たちの集中力と学校での学習を改善を助けられるか研究を始めました。この改善は彼らにとって社会面、学業面、職業面でより明るい未来を示すことが出来るかもしれません。タンノック博士は、トロント大学(University of Toronto)で精神医学と特別教育の教授であり、同大学小児病院(the Hospital for Sick Children)の上席科学者です。

Click here to read the full study in English.