脳梗塞経験者がワーキングメモリトレーニング後日常生活が改善しました。

カロリンスカ大学の研究者であるヘレナ・ウェスターバーグ博士は、脳卒中・脳梗塞経験者がワーキングメモリトレーニングの後に、注意が高まったり、回復プロセスでポジティブな改善を惹起することを明らかにしました。

Click here to read the full study in English.