脳スキャンがワーキングメモリトレーニング後に増加した脳の活動を明らかにしました。

カロリンスカ大学における、ペミル・オルセン博士(Pernille Olesen, PhD)、ヘレナ・ウェスターバーグ博士とトーケル・クリンバーグ博士・医学博士らの研究チームが、fMRI(機能的磁気共鳴影像法)スキャンを使い、コグメドのワーキングメモリトレーニングの後に、成人の脳において活動の増大をとらえました。

Click here to read the full study in English.