未就学児がトレーニングによりワーキングメモリを強化し、その他の効果もみとめられました。

カロリンスカ大学のリサ・トレル博士(Lisa Thorell, PhD)の研究で、健常なワーキングメモリ能力がある未就学児が、トレーニングによってワーキングメモリが伸びることがわかりました。特に視覚と聴覚における注意の高まりが認められました。このことは、他の多くの認知に関するトレーニングとことなり、ワーキングメモリトレーニングは心のほかの部分にも効果があることの証拠を提供しています。

Click here to read the full study in English.