人工内耳を埋め込んでいる聴覚障害の子供はワーキングメモリトレーニングの利益を得るかもしれない。

人工内耳は聴覚障害の子供の聴力を回復します。しかし、言語を学んだり、発話スキルを習得するためにその聴力を使えるかどうかは子供のワーキングメモリの力に依存します。インディアナ大学(University of Indiana)の臨床心理士、研究者ウィリアム・クローネンバーガー博士(William Kronenberger, PhD)は、この子供たちが言語を習得するのを助けるためにワーキングメモリトレーニングの使用を探っています。

Click here to read the full study in English.