中学生がトレーニングによってワーキングメモリの能力が伸びました。日常への影響はこれから。

スタンフォード大学(Stanford)の研究チームが健常なワーキングメモリ能力がある中学生に対するトレーニングの影響を調べました。その結果、学生たちのワーキングメモリ能力が持続的に伸びていったことが判りました。トレーニングの直後に行われた科学の試験において、ワーキングメモリの改善は未だテストの点数に転移していなかったものの、研究者らは獲得された能力は時間と共に目に見えてくる可能性を示しました。

Click here to read the full study in English.