ワーキングメモリトレーニングは小児ガンからの回復期にある子供の助けとなるかもしれない。

脳のガンのため放射線治療を経験した子供の多くに注意障害が現れ、それがガンを克服しても普通の生活に戻るのを難しくしています。デューク大学(Duke University)の研究者クリスティ・ハーディ博士(Kristi Hardy, PhD)は、回復期にあるこのような子供たちを助けるためのワーキングメモリトレーニングの効果を調べています

Click here to read the full study in English.