ワーキングメモリは改善可能であることを研究者らが発見しました。

著名なカロリンスカ大学(Karolinska Institute)のスウェーデンの研究チームが初めてワーキングメモリはコンピュータを使ったトレーニングによって改善できることを明らかにしました。ADHDのある子供たちについて調べた脳科学者トーケル・クリンバーグ博士・医学博士(Torkel Klingberg, MD, PhD)によって導かれた今回の発見は、結果、ワーキングメモリの能力は固定のもので変えることはできないという永く信じられてきた仮説に初めて異議を唱えました。

Click here to read the full study in English